消費者金融やカードローンのブラックリストとは

消費者金融やカードローン会社でキャッシングをして、返済できないとブラックリストに載ってしまうと言われています。数日の遅れですぐに、登録されるわけではありませんがやはり返済には注意しなければなりません。

数日の遅延でも記録は残りますし、仮にうっかりミスだとしても消費者金融から確認の電話が入る前にすぐに電話することが重要です。

放っておくと印象が悪くなり、何度か繰り返すと融資限度額の引き下げなどの措置が取られます。もちろん増額希望の場合も、まず通らなくなります。

ブラックリストに話を戻すと、このようなリストが現実に存在するわけではなく信用情報機関に記録が残ってしまうのです。

この記録が残ると、その後7年間は基本的にクレジットカードを作ったり、消費者金融の利用ができなくなります。業者によっては、この期間内で少額の利用を認めてくれることもありますが、もうこうなってしまう人は、自己管理ができないわけですからキャッシングに手をだすべきではありません。

厳しい業者では、社内の記録としてブラックリストの記録を残し、7年を超えても利用できないようにしているところもあります。

特に自己破産までいくと、官報にも掲載されてしまいますし、ヤミ金と言われる違法業者からもたくさんアプローチを受けるようになります。

それでも2度と、借金をしないという決意をしなければなりません。ここで止められない人は、破滅の道に向かってしまうと言われています。

そもそもブラック扱いを受ける人は、圧倒的にギャンブル(パチンコや競馬など)に手を出しているケースが多いです。特に射幸心が強いスロットやパチンコの利用者が多いです。

あれは昔のようなパチプロなどは別として、まともにやれば必ず負けるようにできています。そうでなければ誰もパチンコ店の経営などやらないでしょう。

時々、紹介されるパチンコ屋の経営者やその息子の様子を見ると、どれほど贅沢しているのか分かります。このようなところに借金してまで、お金を献上してはいけません。

私も競馬と株式投資やFX、先物取引などをしていたことがあるのですが、結局は大きな借金を背負ってしまった過去があります。

幸い自己破産はしないで、自分のビジネスで返済することができたのですが、今考えるとかなり危険な状況でした。

趣味で楽しむ、というのもほどほどで止めるのは難しいと思います。ギャンブルには手を出さないのが無難です。

ギャンブルと浪費を抑えれば、ブラックリストに載るほどのことにはならないと思います。プロミスやアコムなど有名消費者金融でも、なぜギャンブル目的の人には、貸し出しを禁止にしているのか、よく考えてみてください。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ